麦わら海賊団

トンガリコラム詳細

レポート

東京ワンピースタワー「なりきりコンテスト」2018年個人部門をレポート!特別審査員のチョーさんのスペシャルステージも!

『ONE PIECE』史上初の常設屋内テーマパーク「東京ワンピースタワー」では9月15日(土)~10月31日(水)に、“なりきり”大歓迎!「ONE PIECE HALLOWEEN 2018」を開催中。

本日10月13日(土)にはハロウィンの目玉イベント!なりきりNo.1を決める「なりきりコンテスト」個人部門が開催されました。
エントリー総数はなんと106名!
ハロウィン衣装の〝麦わらの一味〟はもちろん、ホールケーキアイランド編で活躍中のペドロやキャロット、
なかには「ONE PIECE LIVE ATTRACTION『PHANTOM』」のオリジナルキャラクターオウムDJの姿もあり、個性豊かな参加者が集いました。
エントリー用の写真撮影では皆さんこだわり抜いたポージングを披露!そして当日の来園者による一般投票で本選出場者上位10名が決定しました。





「なりきりコンテスト」本選はパーク5階の「ONE PIECE LIVE ATTRACTION」ステージにて、コンテスト参加者、それを見守る超満員のゲストの熱気が溢れる中開催。
特別審査員としてブルックの軽快な笑い声と共に、ブルック役のチョーさんが登場!会場が一気に興奮に包まれました。





「なりきりコンテスト」本選に出場したファイナリストは、レイジュ、ガープ中将、しらほし、ブルック、ロー、ペローナ、イゾウ、コラソン、チョッパー、ジンベエの10名。
ファイナリストなだけあってクオリティもアイデアもこだわり抜いたメンバーが揃いました。
皆さん手作りの衣装や小道具はもちろん、体型や細かな仕草もキャラクターになりきっていました!
一人ずつのPRタイムでは審査員や観客に向けて思い思いのポージングを披露。
女性キャラクターの登場でチョーさんがメロメロになる場面も。





シンキングルームに移動し、審査を終えたチョーさんは「ネコマムシの旦那に会いに行こう」を会場全体を巡りながらフルコーラスで熱唱!
ブルックも登場し、ファイナリストのブルックと3人で即興で歌う場面も。さらに、今回は特別に歌って踊れる「ホネウタ(仮)」も披露。
会場全員を巻き込んで合唱をしながら‟ホネダンス“で楽しみました。そして、いよいよ受賞者の発表。








優勝はチョッパーのなりきりをした、そういちろうさん!
準優勝はジンベエのなりきりをした、魚人先生さん!
そして、審査員特別賞にはローのなりきりをした、ハルさんが選ばれました。





優勝の決め手は、ユーモアと可愛らしが溢れる姿と、野球をしているなかで焼けたという肌の色までチョッパーに見事にマッチしている、その再現度の高さ!

受賞者の方にコメントをいただきました。
「ワンピースで初めて賞をもらいました。家族に手伝ってもらって作ったので、みんなの協力があって優勝できました!」
(優勝・そういちろうさん)

「ジンベエがキャラクターの中で一番好きで、これからもジンベエを愛し、盛り上げていきます。ジンベエ最高!」
(準優勝・魚人先生さん)

「ワンピースのなりきりは初めてでしたがサインももらえてとても楽しかったです。ワンピース最高!」
(審査員特別賞・ハルさん)


最後にチョーさんから「本当は皆さんを優勝させたいくらいでした!
出会いは一期一会、皆さんの熱意が、このなりきりコンテストを支えています。
来年もまた来てくださいね!」とコメントをいただき幕を閉じました。

個性豊かなキャラクターが揃った「なりきりコンテスト」個人部門。
来週10月20日(土)は新設のコンビ・トリオ部門、27日(土)はキッズ部門が開催されます!
皆様のご参加・ご観覧、心よりお待ちしております!
トンガリコラム一覧へ戻る