麦わら海賊団

トンガリコラム詳細

アトラクション

これを知ればあなたも大剣豪!?ゾロの「三十六煩悩鳳」を最高にカッコよく撮影するコツ!

こんにちは!Tomです!

 

気温差の激しい日が続きますね。

 

体調には気をつけて、万全の準備で東京ワンピースタワーへ遊びにきてください!

 

さて、あなたは小さい頃マンガやアニメの〝技〟を一度はマネしたこと、ありませんか?

 

わたくしTomは小中学生の頃、アラバスタ編のゾロの技を一生懸命練習していました。「鬼斬り」や「虎刈り」、あとは「牛針」なんかも……。恥ずかしくも懐かしい思い出です。

 

そんな思い出がある方も、ない方も(笑)、アニメやマンガに出てきた〝あの必殺技〟を体験できるアトラクションが、東京ワンピースタワーにあるんです!

 

今回はそんな体験型アトラクションをご紹介します!

 

ゾロの一刀両断

 

2016-10-30_13h59_12

 

今日ご紹介するのは4Fまんなかフロアにある『ゾロの一刀両断』です!

 

このアトラクションは、海軍の軍艦から発射される砲弾を、手渡された剣で斬り落としていくシミュレーションゲーム!スクリーンが設置された部屋に案内され戦闘準備。クルーに準備が整ったことを伝え、いざスタート!

 

砲弾の飛んでくるタイミングを合わせて剣を振り下ろしましょう。

 

最後は、ゾロの動きに合わせて、必殺技「三十六煩悩鳳」を放ち、強敵を倒します!

 

実は、『ゾロの一刀両断』、海外のお客さんから人気らしいですよ♪

 

わたくしTomもさっそく挑戦してみましたが、これは楽しいですね!

 

すべての砲弾にタイミングを合わせるのが意外と難しいので、パーフェクトを目指してつい何度も挑戦したくなります!

 

そして、こちらのアトラクション、終わって外へ出ると「三十六煩悩鳳」を放つときのポーズを、写真で見ることができるんです。

 

が……あれ?

 

img_0673

 

全然カッコよくない!!!


 

なんというか、まるで棒を振りかぶっているだけのように見えますね……。

 

これから「三十六煩悩鳳」を放つという雰囲気がまるで感じられません。(泣)

 

アトラクションの入口に書いてあった「右腕の肘を上げるように構える」「左手は腕を支えるように添える」などのポイントもしっかり意識したはずなんですが……。

 

これはしっかりとポーズを研究する必要がありそうですね。

 

というわけで、今回はわたくしTomが何度も通って編み出した、『最高にカッコいい三十六煩悩鳳を撮るための3つのコツ』をみなさんに伝授しちゃいます!!

 

コツその1 足はできるだけ開いて腰を落とす

 

2016-10-30_22h38_43
 

カッコよく三十六煩悩鳳を撮るコツその1は、「足はできるだけ開いて腰を落とすこと」です!

 

上の画像をは何も意識せずにアトラクションを楽しんでいたときのわたくしですが、棒立ちになっていることがわかりますね。

 

ゾロの必殺技って、実はどれを見ても腰を落とした姿勢から放たれているんです。

 

足を開いて腰を落としてどっしりと構えるだけでも、見た目の雰囲気が全然違いますよ!

 

コツその2 刀を持った腕で口元を隠すくらいの気持ち

 

2016-10-30_22h38_432
 

上の画像のように、刀を持った腕を上げるだけだとただ担いでいるようにしか見えません。

 

そのせいでふりかぶっているかのようなポーズになってしまいます……。

 

そこでカッコよく三十六煩悩鳳を撮るコツその2は、「刀を持った腕で口元を隠すように構えること」です!

 

刀を持つ方の腕をただ上げるのではなく、口元を隠すように肘を上げることで非常に決めポーズのような写真が撮れますよ!

 

このとき反対の手は、刀を持つ腕の肘から手首の間を支えるように添えておくとさらにGOODです★

 

コツその3 できるだけカメラ目線で!

 

2016-10-30_22h38_433
 

画像を見るとどうしても上の方を向いているようなポーズになっている気がしませんか?

 

それもそのはず。なぜなら撮影用のカメラがスクリーンの下から覗いているからです!

 

東京ワンピースタワー ゾロの一刀両断

 

スクリーンの方向を見ていると上を向いた格好になるので間延びした写真になってしまいますね。

 

ここでカッコよく三十六煩悩鳳を撮るコツその3!「できるだけカメラ目線を意識してポーズをとること」です!

 

カメラ目線を意識することで、自然と体の向きもカメラに向かうようになります。

 

そうすると、スクリーンを見上げたようなポーズにならずに、引き締まった表情で構えている写真が撮れるようになりますよ♪

 

3つのコツをすべて実践してみました!

 

ここまでご紹介したコツをすべて実践してみるとこのようなポージングになります!

 

2016_10_28_10
 

どうですか?最初と比べるとかなりカッコよくなっていませんか?

 

恥を捨ててめっちゃキメ顔を作るのもポイントかもしれませんね。笑

 

それでは、これが写真になるとどうなるんでしょう?

 

それがこちら!!

 

2016_10_28_1
 

どうですか!?「三十六煩悩鳳」を今にも放ちそうな雰囲気が出ていませんか!?

 

いやー、一人で何回もアトラクションを体験した甲斐がありました!

 

ちなみに、アトラクションで撮った写真は外に出てからディスプレイで見ることができますが、カメラや携帯電話などで撮影することは禁止になっていますのでご注意を。

 

写真がほしい方は、近くの機械で現像予約を取ってくださいね。

 

2016_10_28_9
 

1DAY Passをかざすとレシートが出ますので、3Fトンガリストアまでお持ちください。

 

オリジナル台紙に入って1枚1,000円です!

 

ぜひ最高にカッコいい三十六煩悩鳳の写真を撮って、東京ワンピースタワーの思い出をお持ち帰りください!

トンガリコラム一覧へ戻る