麦わら海賊団

TONGARI COLUMN details

Attractions

1st season until 7/12! The voice navigation "MUGI NABI" that can be heard only here is great!

現在東京ワンピースタワーで聞くことができる、アニメ『ワンピース』をより深く知ることができる声優音声ガイド「麦ナビ」
皆さんはもうお聞きになりましたか?

SNSでは「麦ナビ面白かった!CD化してほしい!」「ずっと聞いていられる!」「面白くてニヤける」と言う感想も続々届いています。



「まだ聞いていない!」という方や「有料だけどその価値はあるの?」「内容がもっと詳しく知りたいんだけど…」など悩んでいる方も多いのでは?

今回のトンガリコラムでは、声優音声ナビ「麦ナビ」を聞いた感想やシークレットボイスのヒントなど、たっぷりお伝えしたいと思います!


声優音声ナビ「麦ナビ」って何?


〝麦わらの一味〟の豪華声優陣が、20年分のワンピースの歴史を振り返りながらアニメ『ワンピース』を語る、東京ワンピースタワーだけで聞ける特別な音声ナビです。

美術館などでも最近はより深く作品を知るために、展示を見ながら楽しめる音声ガイド、音声ナビが用意されていることも増えて来ましたよね。

麦ナビも同様、アニメ『ワンピース』20周年記念企画展「Cruise History」を見ながら、声優陣のその当時の思い出やここだけの裏話などが聞ける、ファンには何としても!聞いてほしい濃厚な内容になっています。



現在の1stシーズンでは東の海(イーストブルー)編~空島編が展示されており、その展示に合わせて
Vol.1ではナビゲーターとしてルフィ役 田中真弓さん、ゾロ役 中井和哉さん、ナミ役 岡村明美さんが、
Vol.2ではウソップ役 山口勝平さん、サンジ役 平田広明さん、チョッパー役 大谷育江さんが担当

さらに7月13日(土)からは2ndシーズンに突入!ロングリングロングランド編~頂上戦争編に突入し、ロビン役 山口由里子さん、フランキー役 矢尾一樹さん、ブルック役 チョーさんが担当するVol.3が新たに追加されます
さらにVol.1とVol.2も2ndシーズンの内容に合わせて一部が新ボイスに代わります!

どのナビゲートもとにかく濃厚な内容になっているので、是非全部聞いていただきたいのですが今回は7月12日までお聞きいただける1stシーズンのVol.1、Vol.2についてご紹介します!


実際に聞いてみました!内容は?所要時間は?


「麦ナビ」は園内の4階「トンガリ観光案内所」で貸し出ししています(1台800円)
所要時間は約40分で、貸し出しは時間制となっています

こちらの専用の端末を手に、まずは5階てっぺんフロアのアニメ『ワンピース』20周年記念企画展「Cruise History」へ。



記念企画展「Cruise History」では、展示の横にこのような数字が書かれた麦わら帽子のアイコンが掲示されているので、展示に合わせながら再生していきます。



最初のエリアでは〝麦わらの一味〟のキャラクターそれぞれのパネルが展示されているということで声優の皆さんのオーディション秘話や初登場だった時の話からスタートします。

20年一緒に作品をつくり続けているということもあって、ナビゲーターの声優の皆さんの和気藹々とした雰囲気や、止まらない思い出話でとにかく音声はにぎやか!
何だか4人目としてそこにいるような、そんな気持ちになります。

どの話もとても面白くて、一人で聞きながら感動したり、時には思わず声を出して笑ったりしそうになるような話も。

「麦ナビ」で聞けるのはオーディションの時の話から、印象に残っている主題歌は?自分のキャラクター以外で演じたいのは誰?などファンにはたまらないラインナップです。

例えばゾロ役の中井さんは当時まだ別の仕事をしながらオーディションを受けていたそう。今では考えられませんよね。
皆さんのお話によるとゾロは満場一致で配役が決まったそうですが、意外にも決定までに時間を要したのはルフィの田中真弓さんだったとか。
ウソップ役の山口勝平さんはもともとルフィ役でオーディションを受けていたものの、その後ウソップとして〝麦わらの一味〟に仲間入り。
山口勝平さんは「(初登場の時ウソップのイメージに)声が合っていない」という声を聞いて、逆に「絶対に認めさせてやる」とプロ魂に火がついたとか。

また自分の初登場のシーンを振り返る場面では、どんな思いでそのシーンを演じていたのか?という話題に。
チョッパー役の大谷さんは「チョッパーは人間と接したことがなく、心も開いていない。フレンドリーすぎてはいけないし、何もかも初めてでピュアな気持ちをチョッパーは表現しなくてはいけなかったので、とても神経を使った」とのこと。

聞けば聞くほど、もう一度作品を見直したくなる話ばかり!

またメインのキャラクター以外でも、演じてみたいキャラクターや印象深いキャラクターについての話も。
展示されているカルーの所属する超カルガモ部隊の話もありましたよ!



またここではレポートできないような「そんな話までして大丈夫!?」と心配になってしまうほど!ここだけの話が満載。

さらに通常の20個のボイスの他にエクストラボイスも隠れていて、そこには「粗忽屋」についての話が
(「粗忽屋」とは、〝麦わらの一味〟の声優さんが別の役を演じる時に使っている名義のことです)
どうして「粗忽屋」を名乗るようになったのか?をそのきっかけも「麦ナビ」で聞けるんですよ!
なぜ皆さんが粗忽屋○○店と名乗るようになったのか?という謎が解けました。
エクストラボイスでは粗忽屋で演じたキャラクターのセリフも聞けます!園内のどこかに粗忽屋キャラクターが描かれたパネルがあるので、是非探してみてくださいね。


展示だけでなく、パークのアトラクションもキャラクターたちがご紹介してくれるここだけのボイスも楽しめるようになっています。
Vol,1、Vol2それぞれの出演ナビゲーターの〝麦わらの一味〟を探して、ぜひこちらも聞いてみてくださいね。


シークレットボイスはどこ?


「麦ナビ」は、参加時に「麦ナビリスト」が渡され、どんな内容が収録されているのか一覧を見ることができます。



1~20そしてエクストラボイスの21~28までは内容が公開されていますが、もう2つシークレットボイスが用意されています
これ、なかなか難しいところに隠されているのでパークのあちこちを歩きながら、色んなところをよく探してみてくださいね。



一つは〝麦わらの一味〟が宴を開いているどこかにあると言う噂が...?

もう一つはどうやら4階のとあるフォトスポットが怪しいようです…!


麦ナビを聞いたらプレゼント応募を忘れずに!


「麦ナビ」の最後の番号(20番)ではとある「キーワード」が発表されます。Vol.1、Vol.2、Vol.3で発表されるキーワードを全て集めた人の中から抽選で「東京ワンピースタワー」限定の豪華賞品が当たるそう!



声優陣のサイン色紙やオリジナル「麦ナビ」ヘッドフォンなど、ここでしか手に入らないお宝をぜひゲットしてくださいね
詳しくは「麦ナビ」貸し出し時にお渡しするハガキをご覧ください!
 

麦ナビ1stシーズンの内容が聞けるのは7/12まで!

現在貸し出し2ndシーズンからはVol.3が追加されて、Vol.1・Vol.2・Vol.3の3パターンを聴くことができます!
が!アニメ『ワンピース』20周年記念企画展「Cruise History」の展示内容変更に伴い、1stシーズンに合わせて紹介している声優さんの東の海(イーストブルー)編~空島編までに出てくる「好きなシーン」や「気になるキャラクター、演じてみたいキャラクター」は7月12日までしか聴けないのでご注意を!!


ちなみに音声はどちらから聞いてもOKですが、ナビゲーターのグループはアニメでのキャラクター出演順になっているのでVol,1から聞くと時系列に沿って楽しむことができますよ。

また順番に展示を見ていくだけでなく、〝麦わらの一味〟らしく?あっちにこっちにと展示を進んだり戻ったり、またパネルを探したりと宝探しをしているような、そんなワンピースらしさも含まれた、一つのアトラクションのようになっているので「我こそはワンピースと共に育ってきた!」という皆さんには是非とも聞いていただきたい音声ナビになっています。

20周年だからこそ、聞いておきたいアニメ『ワンピース』の歴史や想いがたっぷり詰まった40分間。
是非、お聞き逃しないよう!パークにお越しの際は、是非聞いてみてくださいね!
TONGARI COLUMN list